2012年6月12日火曜日

【Kingdom of Cambodia】シェリムアップ:4日目


【しゃしん、写真】
a photograph, a photo ((複 〜s)),a picture;
〔スナップ写真〕a snap (shot)


もう全然ブログが進まないので、写真だけ掲載していきます (-_-;)
カンボジア旅行も4日目。
ちょうど疲れが出てくる頃ですが、まだまだ元気です。何故なら今日は「元旦」だから。
皆さま、明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。

5時半起きで夜明け前のアンコールワット。荘厳な雰囲気でちょっと怖い。
観光客の懐中電灯。撮影の為にここで夜明けを待っているみたい。
一足お先にアンコールワットの第三回廊へ。誰もいないから気持ち良い。
このようにアンコールワット遺跡の内はほとんど崩壊している。
第一回廊のレリーフ。もう数時間するとここは大混雑するので、今は凄く贅沢な時間。
柱の陰からクメール人がひょこっと顔を出しそう。
修復中のデヴァター。


西楼門のテラス。ようやく夜が明けます。
ここで嫁がセレブな中国人に拉致られ、一緒に集合写真を撮られていた。
お、オレは…?
アンコールワットには幅200mものでかい環濠があります。
この日はホテルには戻らず、近場で朝食を摂ってそのまま遺跡巡り。
今日もトゥクトゥクには活躍してもらいますよ~(毎日大活躍だけど…)





さて、出発。
バイヨンの南大門が見えてきました。
南大門を通過。下から見た「観世音菩薩」の顔。
まずは「プリヤ・カーン遺跡」からスタート。
出迎えてくれたガルーダくん。
顔だけ盗まれちゃったのね… 可哀そう…
倒壊した遺跡の中から上を見上げると、カンボジアの空がとても青かった。
おじいちゃん?
お、日本の修学旅行生かな? って、そんな訳あるかーい(笑)
可愛い4人組。
円柱の経蔵。円柱って珍しいんだって。
カンボジアにはどこにでもこんな風景がある。
トゥクトゥクで次の遺跡、「ニャック・ポアン」に向かいます。
遺跡の入口でアーモンドを焼いていた。もちろんお買い上げ。香ばしい。
「ニャック・ポアン」。ん?柵があって奥まで行けないぞ。
予定より早く帰ってくると、ドライバーのチェンラは爆睡中。
毎朝オレ達の為に早く起きてくれてるもんな。
無理やり起こして(笑)、「タ・ソム遺跡」。バイヨン様式の小ぶりな門をくぐって入ります。
絡みついてるね~、良い感じに樹木が絡みついてるね~
カンボジアの遺跡にはこうやって子どもたちがたくさん居ます。
この女の子が咥えているのは楽器。ビヨーン、ビヨーンって音が鳴ってた。
元旦なので、リュックに付けていた飾り。この子達が興味を示していたのでプレゼント。
めっちゃ喜んでくれた。ちゃんと これはJapanese godやで って言うといた。(違うかっ)
ぐる~っと回って「東メボン遺跡」へ。チャリンコで廻るのも楽しそうだけど疲れそう…
お、ここはかなりデカイ遺跡だ。
威圧感が半端ない。
1段目と2段目の門には必ずこんな象さんが置いてあります。もちろん上に乗った。
お次は「プレルーフ遺跡」。まだあるの?
なんて気持ちの良い風景なんだ。
正面に立った瞬間、「あ、この遺跡が一番好きかも!」と感じた。
急こう配の階段を登ると、そこは絶景。果てしなく遠くまで森が続いています。
良く見るとブロックを積み上げているだけなんだよね~、凄い。
頂上でポーズを取っている嫁。
南からの全体図。
遺跡だらけで正直疲れまくっていたので、ここらでランチ休憩。
レストランに連れていってもらう。
お腹一杯になったところで「スラ・スラン湖」。
子ども達が全裸で水浴びしてる。酷暑なのでめっちゃ羨ましい。
さぁ、まだまだ遺跡を攻めていきますよ。
正面に「バンテアイ・クデイ遺跡」の入口が見えます。
足だけ残して奪っていくなんて何て残酷なんだ…
塔門内のブッダ像。
超かわゆす。
その棒だけで倒壊を阻止しているのですか?(゜o゜)
柱には至る所にアプサラダンス。
ぬん。
修復中。簡単な補強だな。
だから、顔だけ持っていかないでください。
樹木がどんどん遺跡を崩壊に導きます。
むふ♪ 樹の間から むふ♪
超お気に入りの一枚。
チェンラに「次はどの遺跡に行こうか?」と言われたけど、もう無理…
取りあえずホテルに返してください。
途中で写真だけ撮ったよく分かんない遺跡。
帰り道にバイヨンを通過したのでパシャっと。
ようやく遺跡群を離れます。
途中で「キリング・フィールド」に寄って虐殺の歴史を学ぶ。
骸骨を積み重ねている塔を見ると萎えた…
ホテルへの帰り道、超DEEPなマーケットを発見。
おそらく地元民しか行かないであろう大きめなマーケット。これは行くっきゃない。
















おおお!これは日本のたこ焼きじゃないか!ものすごくものすごく怪しい感じだったけど、TRY。
味噌ダレ?いや、薄いな。たこ焼きには当然タコは入っていなくて、お米チックな食感だった。
大量に破棄されたココナッツ。
ここでココナッツを削ってるんだ。


屋内では何でも売っています。


やっと、やっと、ホテルへ。
シャワーをして小休憩した後、またまた外出。恒例のオールドマーケットに繰り出す。
お馴染みのカンボジアBBQ。意外にもお腹は壊さなかった。
カンボジアBEERとカンボジア料理の相性は抜群!


0 件のコメント:

コメントを投稿