2011年7月23日土曜日

【Republic of India】Delhi:7日目(前半)


【デリー、दिल्ली】

2011年じーだぶりゅ、インド8日間の旅。7日目(前半)。

今日一日は今までの人生の中でも、かなり濃い一日になりそうだ。
早朝からホテル集合時間の18時まで観光スケジュールがビッシリ。
本気で分単位の予定を組んでいたので、寝坊したら一巻の終わり。

いよいよインド旅行の大トリを飾るデリー観光。
ドッキドキの朝を迎えた。
街自体はそんなに広くはないけれど、世界遺産があらゆる所に点在しているので、行くべき場所はたくさんある。
でも大丈夫。
昨日の列車移動の際に、4時間かけて綿密な行動計画が描けているのだ。

オートリクシャーやサイクルリクシャーや電車や徒歩を駆使してデリーの大都市を攻めるのだ。
待ってろよ、世界遺産!

朝6時。地下鉄の駅、カロルバーグ駅から一日が始まる。うん、良い朝日だ。

インドの地下鉄は3色に分かれていて、非常にわかりやすい。
路線の色さえ把握しておけば、迷うこと無く目的地に行けるのだ。この辺は旅行者にとっては嬉しい。
途中、Rajiv Chowk駅で乗り換えて、Qutub Minar駅を目指します。
電車に乗っている時間は約40分。日本人が珍しいのか、みなさんジロジロ見てきます。
ビックリしたのが、インドでも女性専用車両があるって事。
あんだけ適当なインド人がそんなの守る訳ない!と思っていたら、ちゃんと守っていましたよ。

Qutub Minar駅に到着し、ここからその名の通り、世界遺産の「クトゥブ・ミナール」を目指します。
正直、最初からここにはあまり期待しておらず、世界遺産だから来てみただけ。
市街地から一番遠いし、ちゃっちゃと終わらせて、早く次の観光地に行こうと思っていた。
ところが意外や意外、めちゃめちゃ良かった。
デリーの中でもここが一番良かったかも。
来て良かった。
あっぶなー、あっぶなー。

クトゥブ・ミナール駅でオートリクシャーを捕まえて、約5分で到着。
正門玄関でチケットを購入して、いざ突入!
まだ朝の7時前なので、人はほとんどいないし、天気も良く、空は澄んでいい感じの朝だ。


まず最初に現れるのはこのミナレット。1,200年ぐらいにこの土地を征服した記念に作られた勝利の塔。

よく見ると、円→四角→丸→四角の順番になっています。

塔の周りにはイスラムの模様が刻まれています。

あえて逆光で撮影してみた。ちょっと幻想的でいい感じ。

アライ・ダルワザ。インドのイスラム建築の至宝の一つ。
壁面はイスラムの幾何学模様が豊かにあしらわれています。すっごい綺麗だった。

お墓。外からの斜光をうまく取り入れてデザインされている。

ヒマそうな警備員達。他に観光客がいなくて寂しいのか、やたら話掛けてくる。
ほれ説明をしてやるぞ、とか、ほれ写真を撮ってやるぞ、とか(笑)

なんか、錆びない鉄塔みたい。ふーん、すごいのか、それ。

とにかく全ての建造物に刻まれているコーランの模様がどれも素敵。
それを眺めているだけで時間が経っていってしまう感じ。



一つ忘れてはならないのが、ここにあるイスラムの建物は、昔あったヒンズー教の寺院をぶっ潰してその材料で作られているって事。なので、この柱もそうだけど、一つとして同じデザインはなく、無理矢理建ててある。
イスラムは偶像崇拝は禁止されているので、人の顔等の彫刻は全て削られていた。
しっかし、やることが凄い。エゲツナイ。

当時の王はクトゥブ・ミナールよりも倍の大きさの塔を作ろうと考えていたけど、土台だけ作って頓挫している。
悲しすぎるだろ… それにしてもデカイな。

インドの世界遺産には必ずリスがいるという法則はまだ破られていない。
超かわゆす。

この子達のおかげで、予定の時間を大幅にオーバーしてしまった。
思う存分写真を撮って、いざ次の目的地に出発です。

ここでちょっとしたアクシデントが発生。
インドではどんな場所でも道路に出さえすれば、どこからともなしにオートリクシャーが近寄ってきて「ヘイ!乗って行かないかい?」とアプローチをかけてくる。
これは、ほぼ100%。もう間違いない。
特に日本人観光客を見かけると、入れ替わり立ち代わり近寄ってくる。
インドで一番使った英語は「No thank you.」だ。

日本で言うと国道1号線ぐらいに相当する道路まで出て、なんとか運転手を捕まえて早速交渉。
更にビビる事に、インドでも田舎に行くと、英語が全く通じない事が多い。
簡単な単語でも分からないらしく、その辺に歩いているインド人を捕まえて通訳してもらう。
けど、次の目的地までちょっと遠いからか、なかなか交渉が成立しない。
おそらくオートリクシャーで30分ぐらいかかる場所。
やっとの事で一人捕まえた。
100ルピー(約200円)で行ってくれるとの事。良かった、良かった。


気分良くインドの道路を突っ切ります。それにしても都会だな。



次なる目的地、フマユーン廟に到着。

おっと、ここでまたもやアクシデント発生!
入口前で車を降りて約束の100ルピーを払うと、このインド人は「駄目だ。150ルピー払え。」とぬかしてきやがる。
正直、日本円で100円程度をこいつはぼったくろうとしているので、まぁいいか、と思ったりもしたけど、やっぱり納得ができなかった。
「あほか、お前は100ルピーって言ったやろ。何でそれが勝手に150ルピーになんねん?」って聞いても、「遠かったから。」とから「帰りは空で帰らなあかんから。」とか屁理屈ばかり。
いい加減、腹が立ってきて、怒りながら100ルピーをそいつに投げつけて歩き出した。
もうここまですれば追ってこないやろ、と。
ところがどっこい、そいつはまだ追ってくる。
ほとんど脅迫に近い。
「分かった、じゃ、あと20ルピーくれ。それでOKだ。」と、また良く分からないことを言い出したけど、こいつも生活がかかっているんだろう、全く納得できなかったけど、渡してあげた。
まったくもう、、、
インドに来て初めて怒っちゃいましたよ。

さて、気を取り直して、ここからは「フマユーン廟」。堂々の世界遺産だ。
建物の詳細紹介は割愛するけど、タージマハルの建築に多大な影響を与えたみたいだ。


またもやこのポーズ。朝の9時ぐらいだけど、既にめちゃめちゃ暑い。

先の門をくぐると霊廟が出現します。

見えてきましたよ。

うわー、この建物も圧巻。ものすごく雰囲気がある。

赤色の砂岩に白大理石を混ぜ合わせた幾何学模様が特徴的。

こんなのどうやってはめ込むんだろ。

結構急な階段。

外の壁から玄室を覗きます。

玄室中央部にはフマユーンの模棺が厳かに安置されています。
この部屋だけ冷気を帯びており、外と全然雰囲気が違う。

祈ってみる。綺麗なお庭で

はい、ここからまた移動です。怪しいインド人の運転で、カーンマーケットに行くのです。
ここはインドの中でもシャレオツなお店が集まっているマーケット。
お目当てのKAMAとかがたっぷり置いてある「グッドアース」もあります。
何でも売ってる感じですっごい楽しい。

 
時間は11時半やけど、やたらこのマーケットは12時からだ、12時からだと繰り返すオジサン。
やってるお店もあるっちゅーねん。

たっくさんのお店が並んでいます。

テ、テンション上がるぜ。雑貨、雑貨。カレーパウダーを大人買いです。

出た!お目当てのグッドアース。

KAMAがたくさん。

インドで買うと700円。日本で買うと8,000円。きょえーーーーー!


はい、次は7日目後半戦に突入です。
ここから一気にデリーの中心部、オールドデリーとニューデリーに向かいます。

【Republic of India】Delhi:7日目(後半)
【Republic of India】Delhi:7日目(前半)
【Republic of India】Agra:6日目
【Republic of India】Agra:5日目(後半)
【Republic of India】Agra:5日目(前半)
【Republic of India】Varanasi:4日目
【Republic of India】Varanasi:3日目
【Republic of India】Varanasi:1~2日目



2 件のコメント:

  1. どうも初めまして。
    すごいですね、インドの情報が詳しく出ててありがたいです。
    インドは一度は行きたいので羨ましいです。
    イメージ的にインドと中国はどこに行っても異常に人がいるイメージでしたがそうでもないんですね~

    返信削除
  2. コメントありがとーございます (^.^)
    インドはものすごく刺激的で面白かったですよ

    けど、とにかく暑かったです。

    返信削除