2011年6月8日水曜日

【Republic of India】Varanasi:1~2日目

【वाराणसी、ワーラーナシー】

2011年じーだぶりゅ、インド8日間の旅。

現地は連日40度を越える灼熱地獄。
街中では、ゴミや糞や雑踏や喧騒やカースト制度や悪臭やサリーや世界遺産やガネーシャや詐欺や牛や狂犬やチャイや下痢や寂寥やガンジス川やオートリキシャや宗教や不味い食文化やめちゃくちゃな交通事情や素敵な笑顔、それはもうありとあらゆるものが蔓延っています。

魅惑の国、インド。
そんなココロオドル国をちょこっとだけ紹介致します。
おそらく(当然ながら)行った事がないとなかなか理解してもらえないかも知れませんが、インドはとても素晴らしい国です。
何が良いのか?は、即答できないけど…  行ってよかった!、と心からそう思えました。
生きてる内にもう一回インドに行くんだろうな、絶対。


関空からバビューンとデリーへ。一泊して翌日ヴァラナシ入り。灼熱。

ヴァラナシでの専属リキシャマン、ラデュ。運転はメチャクチャ。本気で何回も死ぬかと思った。でも、いい奴。






やっと出会えた、やっと出会えたよ、ガンジス川。おもいっきり感動した。


ガンジス川近くにあるメインガートの市場。どこ見てもこんな風景。

ラッシー売りの少年。素焼きのコップは使い捨て。


インドの子どもはよく働く。


奥にたくさんの食材が売っています。けど、ほとんど腐ってるんじゃないの、それ…

ゴードリヤー交差点から伸びるメインストリート。手前に見えるのがサイクルリキシャー。

インドでは牛は神様。こんな風に野良牛が至る所に歩いています。

ここも市場。こんなでかいのどうやってもって帰るんだろう。

インド人の女性はとてもお洒落。みんな手首にジャラジャラつけてます。

ヴィシュワナート寺院へ抜ける参道の一部。

殺戮と恐怖の女神、カーリー。シヴァ神の奥さん。かなりキレてます。

ガンジス川の近くには壁にも神様がたくさんおられます。

チャイ。一杯だいたい5ルピー(約10円)。滞在中、1日3~4杯は飲んだ。甘くて旨い!

夜のヴァラナシのメイン・イベントと言えば、ダシャーシュワメード・ガートで毎晩日没後に行われる 「プージャ(Puja)」。
※プージャとはヒンドゥー教における神像礼拝の儀礼のこと。

何故か若くてイケメンばかりの礼拝僧。


たくさんの現物客。圧倒されます。





さあ、明日は5時起きでガンジス川の朝日を見に行きます。



【Republic of India】Delhi:7日目(後半)
【Republic of India】Delhi:7日目(前半)
【Republic of India】Agra:6日目
【Republic of India】Agra:5日目(後半)
【Republic of India】Agra:5日目(前半)
【Republic of India】Varanasi:4日目
【Republic of India】Varanasi:3日目
【Republic of India】Varanasi:1~2日目



0 件のコメント:

コメントを投稿